2006年10月09日

シルビアシジミの探索(その2)

 腹ごしらえの後、数箇所を探索しているうちに、なかなか環境の良いため池の堤防にたどり着いた。適度に草刈されていて、ミヤコグサも多く、シルビアもそれなりに生息。既に午後で、やや太陽も傾き出したので、ここで腰を据えて撮影することに。

061009-04.jpg ようやく♀を発見。食草に固執しているようで、さほど遠くへは行かない。産卵しそうな雰囲気なのでじっと見ていると草陰で微妙に開翅した。全開翅まではいかず、翅表と翅裏の両方が入る好みのアングルで 90mm Macro で1枚。

061009-05.jpg ここで 15mm Fisheye 主体の撮影に切り替える。上の写真と同じシーンを撮ってみた。空には秋の雲が流れ、辺り一帯は本当にのどかな田園風景。某国が核実験をしたことなど微塵も感じられない平和な風景。

061009-06.jpg 自然光にこだわりがあるが、ストロボ撮影の試し撮りもしてみた。ストロボ光を最弱に調整して撮ってみた1枚。青空の色が少し綺麗すぎるかな。ご覧のとおり、ここはミヤコグサも多く、右上の青空のもとにミヤコグサの黄色い花も見える。

061009-07.jpg やがてこの♀は産卵行動に入ったので、90mm Macro で産卵シーンを狙ってみた。決定的瞬間は、なかなか草陰でうまく撮らせてもらえない。これは産卵直前の1枚。


061009-08.jpg そうこうしているうちに良い時間になったので帰路につく。帰路途上、ホシミスジを発見。この辺りの個体は結構白っぽい。

 この日の走行距離291km。何箇所探索したっけか?
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルビアシジミの探索(その1)

 最高の行楽日和との前夜の天気予報に、日本固有種との研究発表があり、最近話題のシルビアシジミに会いたくて早朝から兵庫県へ。既産地に行くのは芸がないので、加東市、加古川市、神戸市で田畑の土手、ため池の堤防を中心に私的・新・生息地をひたすら探索。

061009-01.jpg 食草のミヤコグサはあってもシルビアはいないといった「パンチ」を何箇所かでもらった後、ようやくシルビアを発見。カーステから流れる「どうして同じような パンチ何度も喰らっちゃうんだ それでもまた戦うんだろう それが命の不思議・・・♪」ってお気に入りの曲の歌詞に勇気づけられた。
 ここはミヤコグサは多くはなかった。舗装されていない農道上の下草に静止したところを、まずは 90mm Macro で証拠写真を1枚。

061009-02.jpg 超良いお天気で気温ぐんぐん上がってきたが、ぎりぎり日光浴開翅の時間にも間に合った。上の写真と同一の個体。これ以降、ひたすら探♀飛翔したので追いかけるが、♀は見つからなかった。ここでは新鮮な2♂のみ確認。生息数は多くはなさそうだ。

061009-03.jpg 本日最初のシルビアに出会うと、なんだか急に空腹であることに気がつき、腹ごしらえをしてから更に探索を継続することに。早めの昼食は山陽自動車道(上り)権現湖PAのラーメン。高速道に乗らずとも一般道側の駐車場に駐車して利用できる。「旨味とんコク醤油麺 (700円)」なかなか旨かった。

 後は、広角写真と♀の写真も撮りたいな・・・ってことで探索再開。
 結果は・・・はい、今回もまた引っ張ってみましょう。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする