2006年09月30日

1泊2日の家族旅行(その2)

06093009.JPG まずは「クロツ」「石組み」「ツメレンゲ」「青空」の全てを 15mm Fisheye 横位置で撮影。辺りはのどかな山間の農村風景だ。画面左上に小さなツメレンゲの株、中央上部にツメレンゲの立派な穂が見える。

06093004.JPG 石組みには、結構な雑草類がはびこっていて、クロツの棲息には良い感じ。にゅっと突き出したムラサキツユクサで開翅している個体を石組みと青空をテーマにしながら撮ると、こんな感じ。

06093005.JPG ツメレンゲの立派な穂が立っているところまで石組みを必死こいて登ると、「ご褒美に」とばかりにクロツが良いところでポーズをとってくれた。石組みにしがみつきながら撮影。思っていた以上に良い絵が撮れて大いに心が癒された。

 クロツが活動を終えるまで撮影して、大急ぎでホテルに舞い戻りひと風呂浴びて夕食に望んだ。

06093006.JPG 料理はなかなかヘルシーな懐石チックなもので、10品ほどあり大満足。ご当地の但馬牛と松茸のすき鍋にはスダチが合う。ん〜っと、松茸は今年初めてかな。

06093007.JPG 秋鰆と豆腐の焼き物も実に良いお味。焼酎のロックがぐいぐい進んで、すぐに空いてしまう。女性陣も満足げなご様子で箸が進む。

 夕食後、女性陣は夜空を見ながら露天風呂に浸かったらしいが、私はすぐに意識がなくなって寝てしまった。

06093008.JPG 気がつくと翌朝6時。早朝撮影行ったろうかしらんてカーテンを開けると小雨だ。なんとなくホッとして朝からゆっくり露天風呂を楽しむ。ご覧のとおり屋根付きで雨でも楽しめた。チェックアウトぎりぎりに宿を出て帰路についた。
 2日間の総走行距離403km。癒しの旅であった。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1泊2日の家族旅行(その1)

 土・日と1泊2日で家族&親族で旅行に出かけることに。今回は、「心身の癒し」がテーマの旅。露天風呂のある兵庫県のリゾートホテル泊、無料のアロマ・エステのキャンペーンがうまく空いていたので予約して、女性陣はこれで心身を癒してもらう。で、宿に着くやいなや、「夕食までには戻るよ」ってことで、私は大急ぎで車を飛ばして蝶の撮影で心身を癒す。今回は「癒しの旅」ゆえ、厳しい?探索ではなく、既知産地でのんびりとクロツバメシジミの撮影を楽しんで、後はホテルの露天風呂で仕上げて、呑んで食ってバタンキュウだ。

06093001.JPG まずは 90mm Macro で1枚翅裏を押さえておく。クロツ・ファン向けに、「兵庫県山間部のクロツはこんな顔ですよ」っていう意味での1枚。石組みに静止して翅裏全体の斑紋が分かり易い瞬間を狙ってシャッターを切る。なかなか石が邪魔をして、こんな写真でもアングル確保が難しい。

06093002.JPG 1眼デジではまだ開翅シーンをキチンと撮っていなかったので、今回、真面目に翅表の美しさの表現を狙ってみる。普通に撮影すると、どうしても棲息環境のせいで、岩や石などが背景になり、こんな感じ。なかなか露出設定が難しいもんだ。

06093003.JPG 背景が緑一色のところにはなかなか静止してくれないもんだが、一瞬、うまく静止してくれた。こんな感じ。クロツのいる環境って、結構ツユクサの花を見ることが多い。ムラサキの花が良いアクセントになってくれた。クロツって、翅表の美しさを表現するの、本当に露出設定が難しいと思う。いずれも、こだわりの自然光での撮影だ。

 なかなか満足のいく開翅写真も撮れたので、今度は、「ツメレンゲ」、「石組み」、「青空」といった棲息環境の写し込みをテーマに 15mm Fisheye での撮影に切り替える。どんな絵が撮れたか・・・この季節、蝶も少なくなってきているので、ゆっくりと楽しみたい方々のために、今回もシリーズものにして、次回以降に引っ張ってみましょう。(笑)
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする