2006年09月16日

秋の高原

 本日は、兵庫のウスイロヒョウモンモドキの保全活動のお手伝いで、兵庫県はハチ高原までお出かけしてきました。いろいろな作業と幼虫の生育状況の調査です。

0609161.jpg 台風と秋雨前線の影響でしっかりとした降りの雨の中、「まあ、作業と幼虫調査なら雨でも関係ないか」ってことで出かけました。ところが、現地につくとだんだんとお天気良くなってきて、薄日も差してきて写真のような感じです。ウスイロヒョウモンモドキの食草であるオミナエシが黄色い花を付けていて、ススキの穂が秋の雰囲気を醸し出していて、涼しくてえぇ感じです。

0609162.jpg 作業のかたわら幼虫を探してみると、食痕のあるオミナエシの葉に幼虫を発見、集団で摂食中でありました。本日は、こんなシーンの撮影が多いだろうと、懐かしのバリアングル液晶画面付のコンパクトデジカメCANON Powershot G3をメイン機にしての撮影です。カメラを地面に置いて見上げるように撮ってみました。

0609163.jpg 上の写真のように下から見上げるように撮ると、さすがに逆光で写りがイマイチなので、ちょっと失礼して幼虫のいるオミナエシの葉を裏返して撮影してみました。かなりの数の幼虫が集団生活しているのが分かります。来シーズンも元気に飛翔する成虫の姿が見られることを願っております。

 午後になると、お天気かなり回復して、何種類かの秋の高原らしい蝶の成虫の姿も見られました。ちょっと紹介しておきましょう。

0609164.jpg オオウラギンスジヒョウモンの♀です。かなり大きな個体で、まだまだ元気に活動しておりました。ちょうど産卵時期ですね。逃げられそうだったので、遠目から90mmマクロでなんとか1枚だけ撮りましたが、直ぐに風にあおられて彼方へ消えてしまいました。

0609165.jpg ヒオドシチョウの姿も見られました。本日は、15mm Fisheyeは封印して、コンデジ CANON Powershot G3 で縦位置広角写真を撮ってみました。山の雰囲気と秋らしいススキの穂が見えるかな。

 ところで、本2006年7月20日より、環境省の自然公園法の一部改正により、ハチ高原一帯(正確には、氷ノ山後山那岐山国定公園)のウスイロヒョウモンモドキは、捕獲が規制(許可なく採集はできない)されております。
 内山田洋とクールファイブの唄ではありませんが(古っ!)「採らぁずに〜 愛ぃして〜 いついつぅ〜 まぁでも〜♪」ってことで、皆さん、ウスイロヒョウモンモドキは、採らずに撮ってやって下さいまし。

posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(28) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする