2006年09月03日

長崎訪問(その2)

 長崎訪問2日目は長崎県内・本土でのワンツ探索です。
 実は今回の九州行は撮影よりはむしろ、探索と食がメインであります。地形図をじっくり読んで、過去に記録のある場所の周辺部で今でも可能性のありそうな場所を予め絞り込んでおいて、可能性の高そうな場所から順に数ヶ所探索です。

06090301.jpg 林道沿いにワンツ生息に充分なシバハギが良好に自生していて「これはやったんじゃないか!」って思わせてくれた某地点・・・シバハギだけが見事な花を咲かせていました。成虫の最盛期には、むしろシバハギは蕾のことが多く、「この環境でおらんハズはないやろ。ひょっとしたら時期遅れでおらんのとちゃうんか・・・」なんて考えさせられます。
 「この花にワンツが静止していたら大満足だった風景写真」をUPしておきましょう。(笑)

 結論として、長崎県内・本土でのワンツは「相当厳しいものがある」と申し上げておきましょう。でも、まだどこかに残っていることを祈ります。しかし、まぁ、なんといっても未記録地での探索活動はアドレナリンが分泌されて最高の楽しさです。「既知産地を訪れて採集」なんて行動には、どうも気が乗りません。探索こそ真の蝶屋の証であると信じています。

 午後になってワンツ探索はすっぱり切り上げて、佐賀県の呼子に寄り道して、イカの活造りをいわして帰ることにしました。

06090302.jpg どこの店も混んでおりました。われわれが訪れたレストランの入り口のいけすには実際に生きたイカが泳いでおりました。少し大衆化したようで、おねぇちゃん2人連れや子供連れの家族が来ていたのは、ちと残念かな。1時間近く待ちましたが無事に売り切れになる前にイカを食することができました。

06090303.jpg06090304.jpg こんな感じの活造りです。イカが透き通っていて最高の旨さで、言葉では表現不能です。ちなみに、運転役以外の3人は(もちろん、管理人も含みます)イカを肴に生ビールをガンガン呑んでいます。(笑)

06090305.jpg 勘定を済ませて帰りがてらいけすとのぞくと、あらら・・・ご覧のとおりイカは1匹もおりません。あれを食したのですね。今回の旅は、実はこのイカがメインだったのです。(笑)

06090306.jpg 関門大橋を渡っていよいよ九州ともお別れです。いつも通り、助手席から走行中に1枚。通過時刻は18:57でした。この辺り、通勤割引を駆使して安価で距離をかせぎ、その後、わざとゆっくり走行し、深夜割引が適用になる24:00過ぎに大阪茨木ICで高速を降りました。帰宅は月曜日の2:00ちょうどでした。

060902k.jpg 帰宅後、嬉しいことがありました。ご一緒した方から初日のマイ・撮影シーンを送っていただきました。シバハギに静止するワンツを撮影しているシーンで、ワンツの生息環境がそのまま忠実に表現されています。これ、自分では絶対に撮影できない絵なので、めちゃくちゃ嬉しいですね〜 有り難うございました。

 今回の探索行でご一緒いただいた皆様、改めて厚く厚く御礼申し上げます。 また誘って下さいね♪
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする