2006年09月02日

長崎訪問(その1)

 「持つべきものは可愛い後輩」第3弾・・・
 いろんな後輩に声をかけておくと楽しいもんです。今回は、ほとんど行動を共にしたことはないのですが気心の知れた後輩君から「長崎なんか探索に行きますけど、ご一緒しませんか〜」なんてお誘いいただいて、喜んで同行させていただきくことに。なんやかんやで4人集まっての陸路での九州行です。
 金曜日の夜に陸送して土曜日に「長崎か〜ら、船に乗って〜♪(五木ひろし)」って感じで五島列島を訪れてみました。「shimabitoさんって、こんな感じなんかなぁ」なんて考えながら船窓から島々を眺めていました。私のメイン・ターゲットはタイワンツバメシジミです。

06090201.jpg まずは、タイワンツバメシジミ♂をモデルに基本的な開翅シーンを押さえてみました。最も良くあるパターンの基本的画像ですが、うまく撮れました。
 撮ってみると分かるんですが、こいつね、尾状突起がなかなかうまく撮れないんですよ。意識せずに撮ると、尾突がU字になったり翅裏に隠れたりするんです。この写真、風で尾突が平行に流れた瞬間を狙って撮りました。尾突が決まってお気に入りの1枚です。

06090202.jpg 今度は、相変わらず飽きもせずに「翅表と翅裏を同時に」っていう私好みの絵です。やはりワンツを撮るときには、後翅裏面の4つの黒斑と尾突の付け根の赤橙斑を強調したいもんです。これまた、風で尾突が平行に流れた瞬間を狙って撮りました。あっと言う間に♂の好みの画像を押さえることができたので、♂の追っかけは卒業して、次は♀を探しての撮影です。

06090203.jpg ♀を発見しては逃げられるまで延々と追跡、観察・撮影し、逃げられるとまた♀を探索、の繰り返しです。♀はいずれも食草のある下草の中を飛ぶパターンが多いのですが、時々風に吹かれて舞い上がって視界から消えます。♂がよくやってきて追飛しましたが、いずれも交尾には至りませんでした。もちろん狙っていたのは♀の開翅シーンですが、延々、数時間追いかけ廻して、ただの1度も開きませんでした。(T_T) 食草のシバハギに静止しての翅の擦り合わせシーンを載せておきましょう。昨年、虜になったいわゆる「チラリズム」シーンです。(笑)

06090204.jpg 15mmFisheyeでの生息環境の写真も載せておきましょう。ここは、道路脇の斜面で、こんな感じで、さほど背丈の高くない草地が生息環境になります。画面右下あたりに見えているのが食草のシバハギで、他の植物に紛れながら自生しています。ある程度、人間の手が加わる環境が必要なようで、放っておくと、他の草が茂って、シバハギが自生できなくなってしまいます。

 今回、確認した蝶を列挙しておきますと次のとおりです。キチョウ、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、ミカドアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハ、ルリシジミ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、タテハモドキ、メスアカムラサキ、イチモンジセセリ。シルビアシジミやクロツバメシジミには出会いませんでした。

06090205.jpg 島では民宿的な旅館泊です。当然のことながら、近海で獲れた魚介類をメインにした夕食です。え〜、まぁ、今回の長崎行は撮影よりは、実はこういった食がメインかもしれません。なので、日程や移動時間はお誘いいただいた後輩君の探索活動優先で一任です。じっくり腰を据えて撮影する時間はありませんでしたが、なかなか満足のいく写真が撮れて祝杯ということになりました。

 翌日曜日は、長崎本土を中心に探索活動です。
 さすがに長旅で疲れました。続編「その2」は近日中にUPということで、たまには引っ張ってみましょう。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする