2006年08月27日

京都インセクトフェアー

06082701.jpg この時期になると毎年開催される「京都インセクトフェア−」に行ってきました。こ〜んな感じで、賑わっておりました。主に昆虫標本の売買ですが、用具、図鑑、文献なんかも売られています。標本の売買には感心がないのですが、いろんな方々にお会いしてお話しできるので、ここのところ毎年訪れています。
 本日も、多くの方々と蝶談義してきました。お会いした皆さん、楽しいお話し有り難うございました。
(ブログ仲間では、神戸のOさんにお会いしました。お久しぶりでした。)

06082702.jpg インセクトフェアーの会場をうろついていると、後輩のS君に出会いました。
「あれ、今日ってわざわざ東京から来たの?」
「そう、図鑑出したので、その宣伝も兼ねて」
ってことです。
 そう、彼はG研から先日発行された「日本産蝶類標準図鑑」の企画編集者なのです。
「インターネットやCDじゃなくって『紙』という媒体の図鑑は久しぶりやもんね。直ぐに購入して読ませてもらったけど、良く出来てるよ。素晴らしい出来やで。また改訂版なんかも出したらえぇんとちゃう?」
なんて言うと
「そう言ってもられると嬉しいわぁ、たくさん売れたらそれを元に改訂版も出したいね」
なんて喜んでおられました。
 いや、しかし、実際にお世辞抜きでなかなか良い出来映えの図鑑です。会場でこの図鑑を扱っているT研出版を覗いたら、1冊\7,350ですが、既に売り切れていて、予約販売受付中でした。
 プロからアマまで楽しめるお奨めの図鑑です。
 なお、私はG研の回し者ではありません。(笑)
posted by kenken(管理人) at 17:30| Comment(33) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする