2006年07月29日

定点観察(クロシジミ&クロセセリ)

 梅雨明け間近。前線が南下してきて午後は雨との予報。午前中にさっと、毎年訪れるフィールドの定点観察に出かけることに。

06072901.jpg まずは滋賀県大津市内のクロシジミの定点観察。昨シーズンはアブラムシが少なく、産卵数も少なかったので今シーズンは少ないだろうと予測していたが、その通り。なんとか飛び古した数頭の♀を確認。樹上を激しく追飛するおそらくクロシジミの♂であろう2頭を見るが、確認できず。今シーズンはホソバセセリが多い。クロシジミとホソバセセリが近くにとまったところを広角で1枚。まだ、この頃は青空が出ていた。

06072902.jpg だんだんと黒い雲が迫ってきたのでクロシジミは切り上げて、次に、京都市内のクロセセリの定点観察に。ややお天気持ち直す。木陰で咲いている芙蓉の花で吸蜜している個体を発見、広角で撮ろうとしたら、更にもう1頭がやってきた。なかなか露出設定が難しい。ストロボを使おうとカメラの設定をいじっているうちに逃げられてしまった。クロセセリを見るとやはり南国気分になってしまうなぁ。

06072903.jpg クロセセリは芙蓉の花がお好きなようで、ずっと行き来して吸蜜している。体の長さを上回る長い口吻なので、この手の花が吸蜜し易いのであろう。やや明るいところの芙蓉の葉上にとまったので、空を入れるべく広角縦位置で1枚。もう青空ではなくなってきた。写真の右端に葉に隠れながらもラミーカミキリの胴体と触覚の一部が写っているのが確認できる。
(ラミーカミキリどこじゃ?って方は、こちらをクリック。)

 定点観測を終えてちょうど正午に帰宅すると、ざぁっと雨が降ってきた。梅雨らしく蒸し暑いお天気。今宵は発泡酒ではなくて、キリっとビールにしてみよう。
posted by kenken(管理人) at 15:20| Comment(23) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする