2006年07月09日

事故お見舞い有り難うございました。その後・・・

 事故の記事を掲載しましたところ、大変多くの方々から、ブログ、メール、電話等で、お見舞いや励ましのコメントをいただき、誠に有り難うございました。
 この場をお借りして、あらためて、厚く厚く、御礼申し上げます。m(_ _)m


 7/8(土)、終日自宅でのんびり休養しておりますと、車屋さんがやってきまして「お車ですが、ちょっと修理して乗るというのは無理です。(さすがにそやろっ、素人の私でもそう思う)車両保険もフルスペックで入っておられるので、全損で保険会社に申請します」とのことでありました。保険屋さんの審査待ちです。ん〜っと、レッカー代を差し引いて、それを頭金にして・・・次の車、何にしようか迷っております。

 で、7/9(日)、車がないと動きようがないので朝から皆さんのブログでも拝見しようかと起きたところ、嬉しいことに、知人から「出かけますけど同乗しますかぁ」ってお誘いあって、フィールドへ出ることに。やはり萎えた気分を癒すにはフィールドへ出るのが1番です。

060709k1.jpg 滋賀県内のクロシジミのポイント探索に行ってきました。昨年に比べてやや少ないように感じましたが、まだこれからの発生かもしれません。蟻に育てられる蝶の場合、春先が寒くても発生時期が遅れることは少ないように感じていますがどうなんでしょう。
 まずは、ありふれた画像ですが、ススキに静止する♂を90mmMacroで。ゆっくり目に出かけたので、気温が高く、猛烈に蒸し暑い状況で、開翅は望めません。開翅を待っていると熱射病になりそうな1日でした。

060709k2.jpg 探索しているとちょっと白化が入っているようなオシャレな♂を発見。
 もっと近づきたかったのですが、敏感に活動してまして、なかなか寄らせてくれません。潅木の間からようやく90mmMacroで押さえておきました。上の個体と比べると白化傾向であることが分かります。

060709k3.jpg え〜、最後に、またしてもですが、最近はやりの15mmFisheyeでの縦位置広角を1枚。
 クロシジミはクロオオアリの巣とアブラムシの付く木があればどこでも発生するので、その生息地は千変万化ですね。ここはマツに付くアブラムシが餌付けの親のようです。生息地を一言で表現するならば、荒地といったところでしょうか。
梅雨空ということもあって、空の色はこんなもんでした。青空だったらきまるんですけどねぇ。

 事故に遇った当日は気が張っているのでなんともなくても、一晩明けると痛みが・・・
なんてよく言われているようですが、二晩明けても、体もカメラも本当に何ともありませず、活動継続しております。
 今後とも、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする