2006年05月28日

兵庫県のウスイロヒョウモンモドキ

 既にご承知の方も多いかと思うが、環境省は、国立・国定公園内における動物の保護を図ることを目的に、国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物(指定動物)案を取りまとめ、現在、パブリックコメントを募集している。蝶で指定対象案に挙げられているのは、1.ウスイロヒョウモンモドキ(大山隠岐国立公園(大山蒜山地域、三瓶山地域)、氷ノ山後山那岐山国定公園)、2.タイワンツバメシジミ(西海国立公園(平戸島生月島地域))、3.ミヤマシロチョウ(八ヶ岳中信高原国定公園)の3種4公園である。

 で、今回、指定動物案に挙げられている氷ノ山後山那岐山国定公園(兵庫県)のウスイロヒョウモンモドキの保全活動のお手伝いに現地まで出かけてきた。この地域のウスイロヒョウモンモドキは既に地権者の意向で採集禁止(採集目的での立入禁止)になっているが、指定されると環境省から予算がついてモニタリングなどもできるようだ。

 管理人は、「天然記念物」とか称して採集禁止にだけしておいて後は何もしないような安易な採集禁止には反対であるが、今回の指定のような、生息環境の保全活動やモニタリング活動も含めた採集規制は、真に絶滅が危惧される種については、妥当であると考えている。

 え〜、難しいお話はさておき、現地でのお手伝いの合間に撮影した写真を掲載しておこう。いずれも、最近お気に入りの15mm魚眼レンズでの縦位置撮影である。

060528-01.JPG060528-02.JPG【写真左】食草のオミナエシの株の根元に潜んでいたウスイロヒョウモンモドキの幼虫。分かりますかなぁ?黒いクマケムシ状の奴です。

【写真右】ギンイチモンジセセリ。後翅の「銀線」が「一文字」というよりは、春型では「二文字」と言ったほうがピッタリする。
posted by kenken(管理人) at 22:20| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

企画展「おもてがあればうらもある」

060525a.jpg◆蝶の企画展「おもてがあればうらもある」 が
◆大阪府高槻市の「あくあぴあ芥川」 で
◆2006年6月1日(木)〜7月2日(日) に
開催されます。
 標本箱に反射パネルを敷き、蝶の標本の表面と裏面が同時に見えるという画期的な展示です。

 本日は、企画出品者の使者として、展示の打ち合わせと準備に行ってきました。
 写真はその一部で、本当に斬新な展示方法です。百聞は一見に如かず!近隣の方は、是非のぞいてみましょう。
 詳しくは「あくあぴあ芥川」のHPをご参照下さい。

 あっ、まだ始まっていません。6月1日(木)からですよ〜
posted by kenken(管理人) at 21:22| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

アオスジアゲハ エサキ型

 先週の火曜日頃からどうも喉の調子が悪く、風邪ひいたかなって。焼酎でしこたまアルコール消毒しても直らず。その後、熱も出てきたので診療所で診てもらうと「扁桃炎」との診断。むむむ。こんなときに限って、雨だったこともあり昨日は仕事入れてまして、熱にうなされながら仕事してました。本日、早朝に起床すると平熱に戻ったけれど、どうもまだ頭が重い感じで、遠征は見送り、穏健に休養日にすることに。

060521a1.jpg060521a2.jpg 天気予報のとおり「これぞ五月晴れ」というピーカンの爽やかなお天気。あまりにもったいないので、ちょっと自宅の近くの公園を散策してみることに。クロアゲハ、ナガサキアゲハ、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、トラフシジミ、ベニシジミ、キチョウといったおなじみの面々。トラフシジミはみな春型であるが、新鮮なものから大破したものまで様々。今年はどうも季節進行状況が良く分からない。
 1頭だけ吸水に来ていたアオスジアゲハを見ると、なんとピカピカのエサキ型!さっそくこいつに的を絞って腰を据えて撮影するが、気まぐれで落ち着きのないアオスジアゲハに翻弄されるばかり。結局、まともな写真は1枚も撮れず、遠目から証拠写真が2枚撮れただけであった。
 早めに引き上げて、入念に喉のアルコール消毒をしよう。
posted by kenken(管理人) at 17:00| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

飛翔写真に挑戦(ウスバシロチョウ)

060514u1.jpg060514u2.jpg 昨日予定していた「白馬強襲!」が流れると、なんだか気が抜けたようになってしまいまして、今日はどうしようか優柔不断な1日になりました。スライド遠征でも良いのですが、う〜む、明日はどうしても出勤せんといかんので、ちょっとパワーを蓄えたいわけです。起きるとお天気良いので、ほんのドライブがてら、SIGMA15mmFisheyeで、ウスバシロチョウの飛翔写真に挑戦することに決定です。訪れたのは、京都府内の有名観光地で、観光バスなんかも停まっています。
 お天気微妙で、晴れたり曇ったり、とうとう最後は小雨までぱらつくという訳の分からん状況で、結局、陽が射していたのはわずかの時間しかなく、お察しのとおり、ウスバシロチョウの飛翔シーンは少ししかお目にかかれませんでした。
 はっきり申し上げて、管理人は飛翔写真のセンスはありませんねぇ〜(笑)没写真の山の中から、なんとかお見せできるものが、かろうじてあったので披露しましょう。
 1枚目は追飛するシーンがまあまあなんとか収まっています。写真の右上に有名観光スポットが写っていますねぇ。(笑)
 2枚目もまだなんとか見れる写真ですね。やはり、写真の左上に有名観光スポットが写っています。

060514u3.jpg 3枚目は少しましかなといえる写真ですが、飛翔写真にはもっと修行が必要です。今回は、カメラ前50cmくらいに置きピンにして、シャッタースピード1/500に設定し、ファインダーを覗かずにウスバシロチョウを走って追跡しての撮影です。いや、ほんまに疲れました〜 結局、没写真の山を築いて、fanseabさんの飛翔写真の素晴らしさを改めて、つくづくと実感することになりました。

060514u4.jpg060514u5.jpg はい、そういうことで、お口直しに、90mmマクロで撮影した、しっとりとしたウスバシロチョウ画像と、有名観光スポットの中心部の風景もUPしておきましょう。この有名観光スポットは、ご覧のとおり、古き良き時代にタイム・スリップした気分になれるのどかな空間です。京都府外から訪れた方々は、是非、ウスバシロチョウのシーズンに立ち寄られることをお奨めします。
 本日の走行距離126kmと穏健な休日でありました。
posted by kenken(管理人) at 18:38| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

バーボン・デラックス

060513b.jpg スポーツ新聞の競馬欄の見出しではありませんが「白馬 イエローバンド 強襲!」なんて見出しもいいかなって思っておりましたが、はい、本日は全国的にお天気悪いようで、昨夜は接待でタダ酒をモモ呑みしておいて、目覚ましもかけずに床に就き、本日は完全休養日です。起床すると雨。心静かな休日です。
 昼から近所のショッピングモールへお出かけして、なんやかんやとウィンドウショッピング。わが家では掃除機がヘタリ気味なので、最新の掃除機事情などをリサーチして参りました。ふ〜む、HITACHIのサイクロン方式のやつとかえぇなぁ。
 帰りがけにモールの酒量販店に寄って、ジンやバーボンのコーナーを歩いていると「バーボン・デラックス」を発見です。はっきり申し上げて、管理人は多種多様なバーボンウィスキーを飲んでおりますが、バーボンは何が好きですか?と聞かれたら、間違いなく「バーボン・デラックス」をあげるでしょう。この酒、安くて旨くて、バーボンウィスキーの中では、単価当り旨さは最高の1品であると思います。学生の頃から愛飲しているのですが、なかなか置いている店がありません。前回出逢ったのは、クロヒカゲモドキ撮影行の帰りに立ち寄ったJR黄檗駅近くの酒店でした。ですが、なぜか本日はいつもの酒量販店で発見で、もちろん、即購入で、すでに呑むさん状態でこのブログをUPしているわけです。酒好きの方は、是非、見つけたら呑んでみて下さい。お値段は\1,100でした。
 ちなみに、管理人の呑んだことのあるバーボンを思いつくままに銘柄を書いてみますと、アーリータイムズ、エインシェント・エイジ、ヘンリー・マッケンナ、メーカーズ・マーク、ジン・ビーム、ビームス・チョイス・グリーン、アイ・ダブリュ・ハーパー、フォア・ローゼス、ワイルド・ターキー、オールド・クロウ、オールド・グランダッド、オールド・フォレスター・・・う〜む、キリがありませんなぁ。ところで、ジャック・ダニエルは大好きなウィスキーですが、こいつはバーボン・ウィスキーではなくてテネシー・ウィスキーと管理人は位置づけておりますので、念のため。こいつも旨いですよ。
 余談ですが、確かに呑んで書いていると、「ふしみや調」の言葉使いが多くなってくるようでございます。(笑)
posted by kenken(管理人) at 20:11| Comment(13) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

シルビアシジミ(SIGMA 15mm Fisheye 実戦投入)

 ここのところピーカンのお天気続きで撮影にはいまひとつ。今日はやや雲がありそうで、SIGMA 15mm Fisheyeの試し撮りに兵庫県の山のクロツバメジジミを選択し、いざ出撃。ところが現地到着して探索するも、どうしたことか、影も形も見かけない。フライングなのか、それとも個体数減なのか。

 で、急遽、被写体をシルビアシジミに変更。何ヶ所か探し回るも、なかなか出逢わない。ようやく昼過ぎになって撮影可能ポイントを探し出す。
 まずはTamron 90mm Macroで吸蜜シーンを押さえておいて、Sigma 15mm Fisheyeでいろんなシーンを撮ってみる。う〜む、シルビアシジミのようないわゆる「地這いシジミ」は、地面にはいつくばっての撮影で、なかなか難しい。

 15mm Fisheyeでの写真を多いめに3枚UPします、広角派の方々、是非、率直なコメントをお願いします。

 なんやかんやで341kmも走行してしまった1日。

060505s1.jpgカメラ:Canon EOS 30D、レンズ:Tamron 90.0mm Macro、撮影モード:プログラムAE、Tv:1/400、Av:5.6、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:100


060505s2.jpgカメラ:Canon EOS Kiss DN、レンズ:Sigma 15mm Fisheye、撮影モード:絞り優先AE、Tv:1/200、Av:11.0、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:200


060505s3.jpgカメラ:Canon EOS Kiss DN、レンズ:Sigma 15.0mm Fisheye、撮影モード:絞り優先AE、Tv:1/320、Av:8.0、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:200、注:右上にたまたま飛んでいたColiasが・・・


060505s4.jpgカメラ:Canon EOS Kiss DN、レンズ:Sigma 15.0mm Fisheye、撮影モード:絞り優先AE、Tv:1/200、Av:11.0、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:200
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

芋焼酎「島流し」& SPINDA No.21

060502s.jpg え〜、完全に呑むさん状態で書いてまっす。連休はえぇわぁあああ・・・ 先日、ゼフィルスさんやベニモンさんの幼虫・蛹の面倒見を私に託して遠征しておられた後輩君が「お土産に」と遠征先の焼酎「島流し」【写真左】を買ってきてくれました〜 これ、初めて飲むのですが、最高っす!芋焼酎の割りにはソフトな口当たりでガンガンいけますが、しかし、35度とアルコール度数高いので、普段のペースで飲むと、2割増しくらいの酔った気分になれます。これはお奨めの焼酎です。旨い、旨い!

 トップページに掲載しておりますとおり、またしても「キリ番企画」始めました。今回もえぇ記念品をご用意しておりますので、キリ番をゲットされました方は、是非、ご一報下さいませませ。今回の記念品は、飲むとウラミスジシジミが栗の花を訪れた時の気分になれる栗焼酎「ダバダ火振」又は、4月1日付けで発行された京都大学蝶類研究会誌2006年版「SPINDA 21号」のいずれかとさせていただきました。
 ところで、SPINDA 21号の内容ってどんなんかなぁ〜って聞かれそうなので、目次を掲載しておきますね。【写真右】へべれけになっての更新ですが、仕事柄、一応、プライバシーには細心の注意を払うべく、一部、画像にモザイク入れましたがご了承下さいませませ。

 上記、なにかと読み苦しい言葉使いがあったかもしれませんが、何卒、ご了承下さい。現在、「島流し」中でございますもので・・・(笑)
posted by kenken(管理人) at 20:30| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

 SIGMA社のデジ一眼用の15mm FISHEYEは、既にこのレンズをお使いのmaedaさん、師匠(と勝手に私が呼んでいる)のSさん、後輩のS君のどなたにお尋ねしても高評価なレンズである。実は先日注文したところ「メーカーに在庫があれば3営業日くらいで届きますよ、届いたら電話しますね」ってことだった。

 今日は快晴だというのに、朝からいろいろと用事があって出かけねばならず、撮影には行けない。で、ちょうど注文してから3営業日目なので、納期はいつになりそうなのか尋ねるつもりで帰路途上にカメラのナニワに立ち寄ってみると「あっ、ちょうど今、届いたところですよ」って嬉しいお返事。お値段は\58,000で10%ポイントバックで、まあ実勢価格どおりといったところだ。先日EOS 30Dを購入した時のポイントを全て投入して現金を足しての支払いだ。

 さっそくBODYだけになっていたEOS KISS DNに装着してシオリ号を被写体にして試し撮りしてみる。う〜む、納得!評価どおりの素晴らしい画像である。これは使える!とにかく試写した画像をご覧下さい。

060501s1.jpg060501s2.jpg

【写真左】絞り数値:8.0、シャッター速度:0.8、三脚使用
猫用コタツの上で寝ているシオリ号、奥に見えるのが台所、右に見えるのはマッサージチェアー。
【写真右】絞り数値:8.0、シャッター速度:0.8、三脚使用
台所でご飯を待つシオリ号、もの欲しげな眼差しだ。

 これからはTAMRON 90mm MACROとSIGMA 15mm FISHEYEの両方でいろんな画像を狙っていきます。乞うご期待。
posted by kenken(管理人) at 23:00| Comment(8) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする