2006年01月29日

お蔵入り写真シリーズ(6) 「クロヒカゲモドキ」

060129k1.jpg060129k2.jpg 蝶のオフ・シーズンは、土曜日に仕事を入れることが多く、1月〜2月はほとんどの土曜日が仕事で詰まっていまして、昨日も遅くまで仕事しておりました。本日の日曜日は暖かくていぃお天気で、Zephyrusの越冬卵撮影にはもってこいの日だったのですが、ちょっと疲れがたまって、関西弁で言うと「あ〜、しんど!」って感じなので、休養のためと、夜の飲み会の買出しのために、フィールドにはでませんでした。

 というわけで、すんません、本日も「お蔵入り写真シリーズ」です。
 もっとも今回の作品は、「お蔵入り」というよりは、むしろ「とっておき」であります。
 昨年7月13日付けの本ブログで、クロヒカゲモドキの開翅シーンについてRhetenorさんからいただいたコメントに対して「後翅表面の眼状紋もなかなかGOODですが、そちらはシーズンオフの用にKEEPしておきますネ」とレスを付けていた「KEEP画像」であります。

 何度も書いておりますが、クロヒカゲモドキの撮影はホンマに難儀します。暗いところに静止していることが多く、いくらカメラをきちんと固定しても、たいていの場合、静止している枝葉が風にそよいで揺れるので、シャッタースピード不足でブレた写真になるのです。これらの写真も、やや被写界深度を出すために絞った分を、ISO感度を上げ、露出をマイナス2段階補正してシャッタースピードをかせいでみました。ストロボを使わずに自然光にこだわるとこんな写真になるわけです。

カメラ,レンズ:Canon EOS Kiss DN + Tamron90mm MACRO
【写真左】Tv:1/200,Av:5.0,評価測光,露出補正:-2/3,ISO感度:400,WB:太陽光
【写真右】Tv:1/320,Av:5.0,評価測光,露出補正:-2/3,ISO感度:400,WB:太陽光

 いかがでしょうか。
 クロヒカゲモドキの開翅シーンの後翅表面の眼状紋、なかなかのもんでしょう。

 まったく関係ない話ですが、今夜これからの飲み会は、復刻版SPINDAの個人的な完成祝いであります。珍しい銘柄の旨い日本酒が飲めそうです。こちらは、また、酒の話題として本ブログにUPしましょう。(笑)
posted by kenken(管理人) at 18:00| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする