2006年01月07日

お蔵入り写真シリーズ(4) 「ナミアゲハ飛翔」

060107a1.jpg060107k.jpg 私が生態写真の心の師匠と仰ぐS氏は、HPの中で「『ちゃんと撮ればどんな蝶でも美しいものである。それはよくわかっているが、普通種にカメラの向けるのは一種の覚悟が要る。』これはT氏の名言である(と私は思う)。撮影は採集と違って『ちょっと摘んで撮る(採る)』というわけにはいかず、それなりに時間がかかる。その間は、仮にすぐ近くで『決定的瞬間』が繰り広げられていても、気付かず逃すことになる。その覚悟が必要なのである。」と記述しているが、私もまったく同感である。

 2005年9月、兵庫県でクロツバメシジミに狙いを定めて撮影していたところ、すぐ近くで普通種の代表とも言えるナミアゲハが優雅に飛翔していた。敢えて狙いを変え、それなりに時間をかけて、普段は撮影しない飛翔写真を撮影してみた。(写真左)普通種であるがゆえか、なんとなくお蔵入りになっていたが、ナミアゲハの美しさと躍動感をそれなりに表現できた写真であると思うのでこの機会にお目にかけたい。
 ナミアゲハの撮影を終え、クロツバメシジミの撮影に戻ったが、その間、クロツバメジジミはどんな「決定的瞬間」を繰り広げていたのだろうか・・・ 幸い、狙っていた「翅表と翅裏を同時に」というお気に入りポーズでの吸蜜シーンは撮影することができた。(写真右)
 仮に、この2つのシーンがまったく同時に繰り広げられていたとしたら、どちらにカメラを向けるのだろうか・・・ それは、実際にそんなシーンに出遭ってみないとなんとも言えない。
【撮影データ】カメラ:Canon EOS Kiss DN、レンズ:Tamron 90mm MACRO、シャッタースピード:1/640、絞り:5.0、評価測光、露出補正:-2/3、ISO:400(偶然であるが、写真左・右共にともにまったく同じあった。)

 なお、蝶の飛翔写真は、私の本体のHPのリンク集にもあり、私もよく拝見している「翔写真館」が群を抜いて素晴らしいと思うので、お口直しが必要な方はこちらへ。
posted by kenken(管理人) at 21:30| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする