2006年01月04日

越冬態2例

060104u.jpg060104f.jpg 管理人は、年始は1月4日までお休みで、1月5日が仕事始めです。ブログに掲載のとおり、ずっと飲んだくれていたので、明日からの仕事に備えて体を動かしておこうと、今日は朝から奈良県北部、京都府南部のフィールドで越冬する蝶たちを探索してきました。
 南向きの斜面のブッシュの中では、ウラギンシジミの成虫が葉の裏に逆さまに静止する体制で越冬していました。(写真左)前脚はたたんでいる感じで、後脚でしっかりつかまっているようです。よくまあこんな体制で落っこちないもんです。
 ナラガシワを調べてみると、休眠芽や枝にZephyrusの越冬卵を確認することができました。(写真右)ルーペで確認したところ、いずれもFavoniusのウラジロミドリシジミで間違いないようです。本種は、枝の分岐部に産卵する例が多いのですが、休眠芽にもときどき産卵します。この地域では、休眠芽に産卵する競争相手(例:ジョウザンミドリシジミ)がいないので、勝手きままに好きな部位に産卵できると推測しています。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする