2006年01月29日

お蔵入り写真シリーズ(6) 「クロヒカゲモドキ」

060129k1.jpg060129k2.jpg 蝶のオフ・シーズンは、土曜日に仕事を入れることが多く、1月〜2月はほとんどの土曜日が仕事で詰まっていまして、昨日も遅くまで仕事しておりました。本日の日曜日は暖かくていぃお天気で、Zephyrusの越冬卵撮影にはもってこいの日だったのですが、ちょっと疲れがたまって、関西弁で言うと「あ〜、しんど!」って感じなので、休養のためと、夜の飲み会の買出しのために、フィールドにはでませんでした。

 というわけで、すんません、本日も「お蔵入り写真シリーズ」です。
 もっとも今回の作品は、「お蔵入り」というよりは、むしろ「とっておき」であります。
 昨年7月13日付けの本ブログで、クロヒカゲモドキの開翅シーンについてRhetenorさんからいただいたコメントに対して「後翅表面の眼状紋もなかなかGOODですが、そちらはシーズンオフの用にKEEPしておきますネ」とレスを付けていた「KEEP画像」であります。

 何度も書いておりますが、クロヒカゲモドキの撮影はホンマに難儀します。暗いところに静止していることが多く、いくらカメラをきちんと固定しても、たいていの場合、静止している枝葉が風にそよいで揺れるので、シャッタースピード不足でブレた写真になるのです。これらの写真も、やや被写界深度を出すために絞った分を、ISO感度を上げ、露出をマイナス2段階補正してシャッタースピードをかせいでみました。ストロボを使わずに自然光にこだわるとこんな写真になるわけです。

カメラ,レンズ:Canon EOS Kiss DN + Tamron90mm MACRO
【写真左】Tv:1/200,Av:5.0,評価測光,露出補正:-2/3,ISO感度:400,WB:太陽光
【写真右】Tv:1/320,Av:5.0,評価測光,露出補正:-2/3,ISO感度:400,WB:太陽光

 いかがでしょうか。
 クロヒカゲモドキの開翅シーンの後翅表面の眼状紋、なかなかのもんでしょう。

 まったく関係ない話ですが、今夜これからの飲み会は、復刻版SPINDAの個人的な完成祝いであります。珍しい銘柄の旨い日本酒が飲めそうです。こちらは、また、酒の話題として本ブログにUPしましょう。(笑)
posted by kenken(管理人) at 18:00| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

お蔵入り写真シリーズ(5) 「花は盛りに、月はくまなきを・・・」

060122g1.jpg060122g2.jpg 春になると、街中ではソメイヨシノが満開になる頃に花見スポットに大勢の人々が集まって来るのであるが、あふれんばかりに咲き乱れるソメイヨシノが趣があるのであろうか、いや、そうではない。私は、人知れず、山で控え目に咲く野生種の桜が圧倒的に好きだ。良く訪問させていただいているブログで、桜の花や花の逆光アングルでの写真を拝見し、お蔵入りになっていた桜の画像を引っ張り出してみた。
 マメザクラかヤマザクラであろうか、ソメイヨシノに比べて控え目に咲いているところが何とも趣があるものだ。逆光のアングルで自然光のみの撮影なのでうまく花の色が表現できていないが、春の陽射しと青空などから春の雰囲気を感じ取っていただければと思う。
 ・・・と、「蝶ではなく桜を撮影した」写真であることにしておこう。(^^;;

【撮影データ】Canon EOS Kiss DN、Tamron90mmMACRO、Tv:1/4000、Av:4.5、評価測光、露出補正:-1/3、ISO400、ホワイトバランス:太陽光、2005年4月、福井県
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(18) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

復刻版「SPINDA」全2巻、出来っ!

060117s.jpg え〜、一部の方むけの案内で失礼します。12月3日付けの本ブログで総目次を紹介しておりました復刻版「SPINDA」(京都大学蝶類研究会々誌)全2巻が完成したとの速報をもらったので、さっそく編集部を訪れてみました。300部のSPINDAが積み上げられている光景は圧巻ですねぇ〜Vol.1が359頁、Vol.2が379頁(各巻が1円玉弱の厚み)という力作(暇人の結集?)です。蝶研出版さんなどで(R本脚さん、N陽堂さんでも扱うらしい?)、全2巻セット\8,000で市販されることに決まったようですが、限定300部の発行で、会員には献本なので、一般に流通するのは200部くらいでしょうか・・・で、思わずOBの特権で2セットしばいてきました。(^^; 1セットはもちろん自分への献本分ですが、もう1セットは、このブログの本体のHP「My Favorite Butterflies of JAPAN」のカウンター100,000ヒットの記念品にするためです。もちろん、既にお持ちの方や、SPINDAに興味のない方が100,000ヒットされた場合は、何か他のものにしますね。「おっと、だったら買わずにキリ番を狙ってみよう!」なんて思っておられるあなた・・・その頃には売切れ御免になっていると思われますので、ハズレたら知りませんよ〜(笑)

 「復刻版『SPINDA』って何だぁ?」って方は、トップページの「表紙の蝶」に詳しいことを記載していますので、ご覧下さい。
posted by kenken(管理人) at 00:00| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

D生物同好会さんの飲み会

06011501.jpg06011502.jpg D生物同好会さんの蝶班の飲み会が京都で催され、まったくの部外者なのですが、お声をかけていただいたので、喜んで出席して参りました。で、14:30の1次会からから2次会の終る20:00過ぎまで、延々と飲んでいまして、まだ完全にできあがっております〜 2次会の沖縄料理のお店でのオリオンビールに泡盛(写真)、最高でした〜

 いつもブログでお話しさせていただいているpekeyamaさんnomusanさん、それから、先輩のYさん、pekeyamaさんのお連れのIさん、お初にお目にかかれて光栄です。お久しぶりにお会いした、たかしまやさん、ふしみやさん、楽しいひとときを有り難うございました。あっ、ブルメイさんもお越しだったんですねぇ。これまた、お初にお目にかかれて光栄です。いつもブログ拝見してますよ〜この機会にリンクさせていただきました。

 しかし、まあ、半数以上の方と初対面なのに、なんでこんなに盛り上がれるんでしょう。蝶&ブログのコミュニケーションは素晴らしいものがありますね。
 というわけで、今日はいわゆる「オフ会」でした。
 皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 え〜、酒の話題が続いてしまいましたので、次はタイトルどおり、蝶の話題に戻しますね。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(17) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

My Favorite Liquor of JAPAN

060114n.jpg 今日はとても暖かいのですが、まともに雨が降っていまして、どこにもお出かけしていません。ブログのタイトルをちょっともじって、私の好きな日本酒を紹介しておきましょう。既に、1/1付けのブログでも書きましたが、そのうちの2銘柄で、今日は画像入りです。

【黒松剣菱】辛口で濃醇なお酒です。このお正月、親戚の新年会に出かけたときに用意してくれていました。さすがに管理人のことを良く分かってくれている親戚で、有り難いものです。燗にして飲むのも旨いのですが、これくらい芳醇なお酒ですと、そのままトクトクとグラスに注いでじっくりと味わうのが好みで、なぜか、飲むと無口になる旨さです。

【菊正宗ピン】辛口で本当に淡麗なお酒です。これは最も手軽によく飲む銘柄です。徳利が持てないくらいの熱めの燗にして飲むと旨いです。晩ご飯のおかずが「おでん」や「焼きアナゴ」であれば、間違いなくこれを飲みますねぇ。そして「やぁあっぱり〜おれはぁ〜ああぁ〜菊正宗」と歌ってしまう旨さです。(笑)

 管理人は京都在住なのに「伏見の銘酒」よりは「灘の生一本」が好きなのは不思議?っていう声が聞こえてきそうですが、何を隠そう、管理人の発生地は「神戸市東灘区御影」なのです。やはり、発生地のお酒が体に合うようです。

 え〜、こんなことを書いていると、今晩もしこたま飲んでしまいそうですが、昨日、今日と酒は控え目にしています。実は、明1/15、大切な飲み会にお誘いを受けていて、そこで明るいうちから、しこたま旨い酒を飲もうという訳です。えっ、大切な飲み会って?はい、ちゃんと明晩のブログでUPいたしますね。
posted by kenken(管理人) at 17:30| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

お蔵入り写真シリーズ(4) 「ナミアゲハ飛翔」

060107a1.jpg060107k.jpg 私が生態写真の心の師匠と仰ぐS氏は、HPの中で「『ちゃんと撮ればどんな蝶でも美しいものである。それはよくわかっているが、普通種にカメラの向けるのは一種の覚悟が要る。』これはT氏の名言である(と私は思う)。撮影は採集と違って『ちょっと摘んで撮る(採る)』というわけにはいかず、それなりに時間がかかる。その間は、仮にすぐ近くで『決定的瞬間』が繰り広げられていても、気付かず逃すことになる。その覚悟が必要なのである。」と記述しているが、私もまったく同感である。

 2005年9月、兵庫県でクロツバメシジミに狙いを定めて撮影していたところ、すぐ近くで普通種の代表とも言えるナミアゲハが優雅に飛翔していた。敢えて狙いを変え、それなりに時間をかけて、普段は撮影しない飛翔写真を撮影してみた。(写真左)普通種であるがゆえか、なんとなくお蔵入りになっていたが、ナミアゲハの美しさと躍動感をそれなりに表現できた写真であると思うのでこの機会にお目にかけたい。
 ナミアゲハの撮影を終え、クロツバメシジミの撮影に戻ったが、その間、クロツバメジジミはどんな「決定的瞬間」を繰り広げていたのだろうか・・・ 幸い、狙っていた「翅表と翅裏を同時に」というお気に入りポーズでの吸蜜シーンは撮影することができた。(写真右)
 仮に、この2つのシーンがまったく同時に繰り広げられていたとしたら、どちらにカメラを向けるのだろうか・・・ それは、実際にそんなシーンに出遭ってみないとなんとも言えない。
【撮影データ】カメラ:Canon EOS Kiss DN、レンズ:Tamron 90mm MACRO、シャッタースピード:1/640、絞り:5.0、評価測光、露出補正:-2/3、ISO:400(偶然であるが、写真左・右共にともにまったく同じあった。)

 なお、蝶の飛翔写真は、私の本体のHPのリンク集にもあり、私もよく拝見している「翔写真館」が群を抜いて素晴らしいと思うので、お口直しが必要な方はこちらへ。
posted by kenken(管理人) at 21:30| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

越冬態2例

060104u.jpg060104f.jpg 管理人は、年始は1月4日までお休みで、1月5日が仕事始めです。ブログに掲載のとおり、ずっと飲んだくれていたので、明日からの仕事に備えて体を動かしておこうと、今日は朝から奈良県北部、京都府南部のフィールドで越冬する蝶たちを探索してきました。
 南向きの斜面のブッシュの中では、ウラギンシジミの成虫が葉の裏に逆さまに静止する体制で越冬していました。(写真左)前脚はたたんでいる感じで、後脚でしっかりつかまっているようです。よくまあこんな体制で落っこちないもんです。
 ナラガシワを調べてみると、休眠芽や枝にZephyrusの越冬卵を確認することができました。(写真右)ルーペで確認したところ、いずれもFavoniusのウラジロミドリシジミで間違いないようです。本種は、枝の分岐部に産卵する例が多いのですが、休眠芽にもときどき産卵します。この地域では、休眠芽に産卵する競争相手(例:ジョウザンミドリシジミ)がいないので、勝手きままに好きな部位に産卵できると推測しています。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

お気に入りの陶磁器

060102k.jpg 元日、2日と飲んだくれていましたが、そろそろ気分転換でコーヒータイムです。え〜、管理人が酒好きであることは既にバレていますが(笑)、実は、一部の方は既にご承知でしょうが、陶磁器好きでもあるのです。普段は、割れるといけないので、安物のマグカップでコーヒーを飲んでいますが、ほっこりしたい時、正月などの祝い事の時などは、お気に入りの器でコーヒーを楽しみます。今日は、そのうちの和製の1品を紹介します。
 九州は佐賀県の香蘭社の1品。これは和製では最もお気に入りのもので、有田焼き独特の白く硬い透明な生地の上に蘭が描かれています。

 洋製の1品は・・・、これはまた、ブログのネタとして次の機会まで取っておきましょう。
posted by kenken(管理人) at 21:30| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

日本酒とおせち料理

060101i.jpg060101o.jpg え〜、今日は近くの大黒天さんに初詣に行っただけで飲んだくれていて、珍しく1日に2回のブログ更新です。(笑)
 わが家には各種焼酎は常備していますが、日本酒は常備していません。もちろんキライなわけではなく、毎年、おせち料理には日本酒!ということで、大晦日になると買い出しに行きます。良く飲む銘柄としては、菊正宗、白鹿、剣菱といった面々です。例によって大晦日に日本酒を買いに行こうと思っていたところ、なんと嬉しいことに、母校の蝶類研究会の後輩のOさんから日本酒が送られてきました。千葉県御宿の地酒「岩の井」の純米酒「山廃吟醸一段仕込」です。で、このお正月はこの日本酒でおせちを楽しむことにしました。

 甘味と酸味が共にバランスよく効いて、これは旨い!冷やで呑むのがぴったりのお酒です。Oさん、本当に有り難うございました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。昨年11/26のOB会の御礼の品とのことですが、遠路はるばるお越しいただき泊まり込みで騒いでもらって嬉しかったのはこちらのほうです。
【「岩の井」山廃吟醸一段仕込 データ】
原料米:山田錦、酸度:2.7、酵母:701号、精米歩合:50%、日本酒度:-8、アルコール度:15.3、酒母:山廃

 皆さんはおせち料理にはどんなお酒を飲まれたのでしょうか。
posted by kenken(管理人) at 12:00| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年賀状

060101n.jpg060101h.jpg謹賀新年。旧年中は、本ブログをご愛顧いただき、誠に有り難うございました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 昨今、年賀状の枚数は、ほとんど増えることはありません。その分、年賀メールを多く書きますね。年賀状には、毎年、旧年中に撮影した蝶の画像を加工して挿入しています。一部の方には、今日、配達されますが、今年の年賀状のデザインをUPしておきます。(写真左)今年は戌年です。以前に、Pさんから「なぜkenkenというHNなんですか?」って聞かれたことがありますが、画像からお分かりのように、某TV漫画の犬のケンケンが大好き(「風貌がそっくり」などという輩もいます)だからなのです。日本語版のTV漫画では、ケンケンは「ハィヒヒィ〜」なんて感じの独特の笑い方をするのです。マニアックなお話しで恐縮ですが、実は、TV漫画「おそ松くん」の「ダヨーンのおじさん」やTV漫画「怪物くん」の「狼男」と同じ声優さんなんです。

 年賀状に使用した写真の元画像をUPしておきましょう。(写真右)見張りポーズを斜め横から眼にピントを合わせながらも、翅表全体をある程度表現できるように手ブレする一歩手前まで絞り込んで撮ってみました。体毛のフサフサ感が良く表れていてお気に入りの1枚です。撮影データは次のとおりです。
カメラ:Canon EOS Kiss DN、撮影モード:絞り優先AE、Tv:1/200、Av:8.0、測光方式:評価測光、露出補正:-1/3、ISO感度:400、レンズ:TAMRON90mmMACRO
posted by kenken(管理人) at 00:00| Comment(20) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする