2005年12月25日

私の履歴書 & 復刻版SPINDA続々報

051225a.jpg051225m.jpg メリー・クリスマス☆ 現在、蝶の生態写真を中心に活動していますが、元々は、蝶に限らずいろんな昆虫に興味を持つ「昆虫少年」でありまして、母校の蝶類研究会に入会した当時も「蝶屋」というよりは、むしろ「オサムシ屋」でありました。やがて、オサムシ類の金緑色の光沢に勝るとも劣らないZephyrusの輝きに魅かれて蝶屋の道にのめりこむようになったわけです。
 この3連休、ずっと家にこもっているのも体がなまるので、今日は、昔取った杵柄ならぬピッケルの柄を握りしめて、20数年ぶりにオサムシ屋として京都府南部のフィールドへ出かけてきました。この時期、オサムシの仲間は朽木の中などに潜って冬眠するので、それを掘り出すわけです。今日は、マイマイカブリを中心に狙ってみました。

【写真左】綺麗なアオゴミムシ。ご覧のとおりZephyrusに通じる金緑色がたまらなくいいのです。あまり良い写真は撮れませんでしたが、最も自然に近い色合いが表現できた写真を掲載しておきましょう。集団越冬しているうちの2頭です。
【写真右】日本特産種のマイマイカブリ。カタツムリを好んで捕食することからこの名前が付けられています。西は対馬のツシマカブリモドキから北は北海道のキタマイマイカブリまで様々な種類が日本には棲息しています。日本のオサムシの仲間では最大のもので重量感もあり、ファンも多いと思います。

 えっ、ホントにオサムシ屋だったの?なんて声が聞こえてきそうですが、証拠の品でもある、20数年前に書いた「蝶屋のためのオサムシ入門」ってな感じのレジメが「復刻版 SPINDA」の製作途上に発掘され、Vol.2に掲載される予定です。なお、「復刻版 SPINDA」はVol.1が印刷完了、Vol.2が現在印刷中で、完成は年明けにずれ込みそうとの情報が編集部から入ってきています。
posted by kenken(管理人) at 21:14| Comment(10) | 昆虫一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする