2005年07月10日

ウスイロヒョウモンモドキ観察会

2005071113583edc.jpg050710-u2.jpg050710-u3.jpg曇り。「兵庫県」と「守る会」が共同開催するウスイロヒョウモンモドキの観察会に参加する。行政を通じて地域住民中心の案内であったが、口コミで遠隔地から撮影に来られた方々も。既にウスイロヒョウモンモドキは最盛期を過ぎており、本来は1週間前の7月3日曜が開催適期であったようだが、この日は兵庫県知事選挙で、7月10日の開催である。県による草刈の時期・方法の変更と土地管理者による採集禁止処置との相乗効果でウスイロヒョウモンモドキの減少にはストップがかかったと見受けられる。ウスイロヒョウモンモドキをシンボルに、美しい草原環境がいつまでも維持されることを願う。
で、この日は翅裏を中心に撮影する。吸蜜植物は白色系の花が圧倒的に多い。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする