2005年07月31日

岐阜チョウ

2005073161e387f0.jpg曇り時々晴れ後一時雨後曇り。岐阜県の高標高地を探索してみることに。森林地帯では、樹幹にとまるのはキマダラモドキ、笹の葉上にとまるのはヒメキマダラヒカゲ、暗いところを行きかうのはクロヒカゲ。オオミドリ、コミスジも見る。疎林の周辺部では、オナガシジミ、ルリシジミ、ヒメシジミ、コキマダラセセリ、スジグロチャバネセセリ、オオチャバネセセリ、オオウラギンスジヒョウモンと、さほど蝶影は濃くない。アカセセリらしき写真が撮れたのでUPしておこう。各位の同定コメントをお願いしたい。お天気の状態悪く、時おり雨にも遭遇する。コマツナギにミヤマシジミを見る。たまにはうろうろしてみるのも面白い。本日の移動距離626Km。
posted by kenken(管理人) at 23:06| Comment(13) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

クロシジミ産卵状況定点観察

20050724604b0edf.jpg曇り後晴れ。ゲリラ的信州日帰り撮影行しようかと思っていたが、撮りたい蝶のいる高標高地はお天気悪そうなので、見送ることに。で、毎度この季節お決まりの近場、滋賀県大津市でクロシジミの産卵状況の定点観察に。昨年の同時期はススキにアブラムシが多く、主にススキに多数産卵されていたが、今年はアブラムシが少ないのと、時期がまだ早いのか、まったく卵を見つけることができない。それどころか、翅形から見て♂と思われる新鮮な個体(写真)をいくつか見る。今年はススキ以外に主に産卵しそう?しかし、来シーズンは発生数少なそうやなぁ。ジャノメチョウ、コミスジ、ウラギンシジミ、ヒメウラナミジャノメを見る。
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

写真展「美しきチョウたち」

20050723b9b4dbe1.jpg蝶を撮り始めてまだ1年足らずのごく普通の主婦の方が主催する写真展「美しきチョウたち」が下記のとおり開催されます。夏休みに子供さんなどと是非訪れてみて下さい。会場の様子をUPしておきます。


開催期間:2005年7月26日(火)〜8月31日(水)
開催場所:大阪府高槻市南平台5-59-1 あくあぴあ芥川 0726-92-5041
開館時間:10:00〜17:00
休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)
入場料金:無料(駐車場1日\400)
交通:JR高槻駅より市バス15分(南平台小学校前下車)
posted by kenken(管理人) at 17:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

充電期間(その2:クロシジミ)

200507191d155a94.jpg20050719c214b888.jpg7/18の続き:酷暑と個体数の少なさと足場の悪さに萎えてウラナミジャノメの撮影・探索は早々に切り上げ、がぶがぶと水分補給をしながら滋賀県南部でクロシジミの探索に切り換えるも、これまた酷暑との戦い。ようやく白化型の個体を見つけ、開翅しないかと追跡、観察するも、時おり翅をすりすりするものの、このカンカン照りの暑さではとても開きそうにない。このまま付き合っていると、こちらが熱中症で倒れそう。やや時期遅れの感もあり、白化型の開翅写真は来シーズンの楽しみに取っておこうと切り上げる。雰囲気のよく出た写真をUPしておこう。車に戻ってクーラー全開にして一息ついていると、ラジオでは「近畿地方梅雨明け」と言っている。この暑さ、確かに梅雨は開けとるなぁ。コンビニで水分補給してクロヒカゲモドキの探索に切り換える。
posted by kenken(管理人) at 21:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

充電期間(その1:ウラナミジャノメ)

20050718004296b6.jpg050718u2.jpg この3連休は来シーズンに向けての充電期間に。
 7/16〜7/17:岡山県の温泉街に家族旅行。久々に蝶のことはすっかり忘れてのんびり温泉につかってリフレッシュ・・・といいながら、しっかり来シーズンの撮影に向けて探索活動。
 7/18:晴れ。梅雨明けで酷暑。来シーズンの撮影に向けての下見がてら滋賀県南部数箇所をウラナミジャノメ、クロシジミ、クロヒカゲモドキなどを広く浅く探索する。まずはウラナミジャノメから・・・探索していると、中学高校時代に自宅近くでよく訪れた兵庫県西宮市の甲山にそっくりな環境で、ほ〜、こんなところにウラナミジャノメが!そういえば、甲山にもウラナミジャノメの記録があったなぁ。中学高校時代の懐かしい思い出がよみがえる。酷暑と個体数の少なさと足場の悪さに早々に引き上げる。かろうじて撮影できた写真をUPしておこう。こんな雰囲気のところで、この時期に羽化後間もない♀とは、やはりここは年1化か。クロシジミとクロヒカゲモドキはどうだったかって?たまには連載ということで、明日以降の日記に。本日の走行距離126Km。後輩のT君の探索能力のスーパーさを再認識した1日。
posted by kenken(管理人) at 20:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

我撮影成功黒日陰擬開翅場面

2005071338bc5ce4.jpg050713k2.jpg曇り一時晴れ後雨。先週の土曜日に休日出勤していた代休を取得。ここのところ観察会やパトロールなど公的な場が多かったが、今日はのんびりと京都府綴喜郡のマイフィールドへプライベート撮影に。お目当ては数年前から課題としているクロヒカゲモドキの開翅シーン。探索始めるが、クロヒカゲ、ナミヒカゲ、ヒメジャノメといったいつもは多数見られる面々が僅かにしか認められず、今シーズンはジャノメシリーズは外れ年のようだ。ようやくお目当てのクロヒカゲモドキを発見。やや時期遅れでスレ気味の個体であったが、下草に静止する姿を蚊の攻撃に耐えながら見守っていると・・・おぉ〜、開いたぁ〜 はい、あの蝶はいつ、どんなふうに開翅するんだろうってなことを1年中考えています。
【写真左】下草にクロヒカゲモドキを発見。草葉の邪魔で、こんな写真が精いっぱい。
【写真右】V字開翅するクロヒカゲモドキ、好みのアングルから翅表と翅裏を同時に。
posted by kenken(管理人) at 22:28| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

ウスイロヒョウモンモドキ観察会

2005071113583edc.jpg050710-u2.jpg050710-u3.jpg曇り。「兵庫県」と「守る会」が共同開催するウスイロヒョウモンモドキの観察会に参加する。行政を通じて地域住民中心の案内であったが、口コミで遠隔地から撮影に来られた方々も。既にウスイロヒョウモンモドキは最盛期を過ぎており、本来は1週間前の7月3日曜が開催適期であったようだが、この日は兵庫県知事選挙で、7月10日の開催である。県による草刈の時期・方法の変更と土地管理者による採集禁止処置との相乗効果でウスイロヒョウモンモドキの減少にはストップがかかったと見受けられる。ウスイロヒョウモンモドキをシンボルに、美しい草原環境がいつまでも維持されることを願う。
で、この日は翅裏を中心に撮影する。吸蜜植物は白色系の花が圧倒的に多い。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

ウスイロコノマ

20050706f491f50a.jpg050706u2.jpg曇り時々晴れ。湿度が高く、梅雨らしいむっとした気候。仕事を終えて帰宅すると駐車場でウスイロコノマを発見。ここ数年、夏〜秋に、毎年1回は自宅でウスイロコノマに遭遇していたのだが、今年は今日であった。夜間の燈火に飛来した個体で、独特の飛び方である。さっそくデジカメを持ち出して撮影した。
【写真左】駐車場の壁に静止 【写真右】燈火に飛来
posted by kenken(管理人) at 22:22| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

ウスイロヒョウモンモドキの保全活動にご協力を!【その2】

20050703ecf29342.jpg050702u2.jpg
050702u3.jpg050702u4.jpg 曇り時々雨。5月22日の当ブログの記事に続けて再度、蝶愛好家の皆さんに問いかけたい「ウスイロヒョウモンモドキが絶滅しないように保全することに賛成なのか、反対なのか」と。蝶の美しさを理解する心を持った誠の「蝶愛好家」であるならば「保全することに賛成」にきっとなると信じている。是非、保全活動に協力してもらいたい。
 で、この日は、兵庫県ハチ高原一帯のウスイロヒョウモンモドキの保全活動のために現地を訪れ、生息数調査、パトロールなどに協力する。現地のウスイロヒョウモンモドキは一昨年から土地管理者の権限で採集禁止になっている。いわゆる「蝶屋」である私からも申し上げる。採集は不法行為で、現地の方々とのトラブルの元になるので、どうかやめていただきたい。
【写真左上】はい、翅表と翅裏を同時に・・・という好みのシーンを1枚。
【写真右上】う〜ん、下草にとまる本種を下から撮るのは難しい〜
【写真左下】目線を合わせて1枚。ステンドグラスのような紋様が美しい。
【写真右下】蝶屋の1人として申し上げます。どうぞご協力よろしくお願いします。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする