2005年06月19日

ヒョウモンモドキの保全活動にご協力を

20050620ad031cb5.jpg050619h2.jpg
050619h3.jpg050619h4.jpg晴れ。3年ぶりに広島県世羅台地へヒョウモンモドキの撮影に。前回はややフライング気味で♂ばかり撮影したので、今回は♀を中心にさまざまなシーンを撮影することに。現地では、絶滅危惧種のヒョウモンモドキを保護しようと地元の保護の会のメンバーが熱心に活動しておられ、まずは会が主催する観察会に参加する。観察会にはHP仲間の「蝶の写真館」「ノゾピー 蝶観察・撮影の部屋」」「蝶にあそぶ」の管理人さんもお越しになっていて、再会を喜ぶ。観察会は昼過ぎで終了したが、その後、夕刻までヒョウモンモドキと戯れた。帰路は往路の逆コースで高速道路、一般道路を併用して高速料金を節約する。2日間の総走行距離742km。

ところで、残念な話だが、いまだにこっそりヒョウモンモドキを採集していく不逞の輩がいるようで、地元の保護活動のメンバーはかなり怒っている。そろそろ保護地区や私有地への立入禁止などをタテにして警察沙汰にしようかとの強行な意見もあるようで困ったものだ。どうか実際のトラブルになる前に採集はやめていただきたいものだ。

え〜、で、お口直しに今日はいつもよりも多くの写真を貼っておこう。美しいヒョウモンモドキが未来永劫飛び続けることを願ってやまない。このHPをご覧の皆さん、どうぞヒョウモンモドキの保護活動にご協力を!
【写真左上】最近、Pさんから影響を受けてはまりつつある右斜め上45度ショット
【写真右上】翅裏の幾何学的模様とアザミの紫を意識したショット
【写真左下】タテハチョウ科らしい水平開翅シーン
【写真右下】夕日にしっとりとオレンジが映える羽化直後の個体
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする