2005年06月18日

日記蝶の舞台裏

20050620a272fa4d.jpg晴れ。今日は「日記蝶」の舞台裏を紹介しよう。キマダラルリツバメの撮影ポイント探索に京都府北西部と兵庫県南部を徘徊する。昔は採集派だったこともあり、採集できそうなポイントはすぐに見つかるのだが、撮影に向いているポイントとなると、これはなかなか見つからない。数箇所探索していると、撮影し易そうな場所でらしき蝶がテリトリー活動している。これは!と思いきや、トラフシジミの夏型であった。う〜ん、こいつにはいつも悩まされる。確か、Fさんもそんなことを言っていたなぁ。日記を読まれる方は、いつも簡単に撮影しているように思われるかもしれないが、実は、活動の大半はこんなことばかりなのである。結局、この日は樹上を飛ぶキマダラルリツバメを見るばかりで、撮影の機会には恵まれなかった。加古川北インターチェンジから山陽道に乗って広島県まで移動し、明日に備えて三原市内で宿を取る。本日の走行距離326Km。泰山鳴動してトラフ1匹というところか。
posted by kenken(管理人) at 23:59| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする