2005年03月20日

今シーズンはデジタル一眼レフで

晴れ時々曇り。肌寒い。今シーズンからデジタル一眼レフカメラを導入しようと昨秋から検討を重ねてきた。過去の資産(交換レンズ類)がないので、まずはメーカーの選定からである。NIKONかCANONかで迷ったが、コンパクトデジカメで使い慣れているCANONにかけてみることにした。さて、機種であるが、EOS KISSデジタルはお手頃価格であるが一眼レフにしてはややスペックが物足りなく、値段は高いがひとつここは背伸びをしてD20にしようとようやく決断し、この週末に購入しようと資金を準備した。ところが、なんとまぁ、3月17日の新聞を見ると「EOS KISSデジタルNEW発売」とかいう全面広告が打たれているではないか。まあ、購入するのはD20としても、一応、KISS NEWも見ておこうと、さっそく、最新のデジカメ誌でスペックを調べてみると、NIKONの汎用機D70に勝るとも劣らないもので、D20にもひけを取らないものである。
 それでもやっぱりD20を購入しようと昨3月19日にカメラ量販店を訪れ、まずはD20を手にとって試写して、念のためにKISS NEWも手にして試写してみた。するとどうだ、KISS NEWはなんと軽量であろうか!実機を手に持った瞬間に衝撃が走った。大きさも現在のメイン機であるコンパクトデジカメのCANON POWERSHOT PRO90ISとほとんど変わらない。蝶を撮影するために崖や木に登ったり、大草原を走り廻ることを考えると「軽量」「コンパクト」というのは圧倒的に重要な機種選定のファクターである。あっという間にKISS NEWのファンになってしまった。しかし、いきなり衝動買いしてはいけない。この日は試写だけにしておいて帰宅し、深夜までカタログを見ながら再検討した。最終的な結論はやはり「EOS KISSデジタルNEW」となった。
 本日3月20日、キャッシュを握り締めて昨日の量販店を訪れて購入申し込みしたところ、あぁ、なんとブラックボディのKISS NEWはタッチの差で売り切れてしまったとのこと。シルバーならあるそうだが、やはり被写体の蝶を刺激しないようにブラックがいいだろう。トホホ・・・で、結局、取り寄せてもらうことになった。あぁ、手に入るのが待ち遠しい。
posted by kenken(管理人) at 22:42| Comment(13) | カメラ&撮影法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする