2017年11月12日

拙宅の暖房事情 & 同定依頼

 この記事を書いておりますのは11月12日。昨日11月11日に寒冷前線が横切ってから、そこそこ寒くなってまいりました。皆さん宅ではもう暖房はお使いでしょうか?
 
171111.jpgsikiri160.jpg171112.jpgshikiri105.jpg 拙宅では、まだほんの初冬なので、ガスや石油による暖房には至らず、ほかほかカーペットとカーボンヒーターを設置したところなのですが(点けているのも、まだ片側のみ)、ご覧のとおり、「ふみ」号に占領されております。

 さて、初夏の写真から1枚、皆さまに同定依頼でございます。

171112_170624_132710.jpgshikiri105.jpg このサイズのヒョウモン類は地元にはいないので、見つけると必ずカメラを向けます。写真でご覧の形態から、この2頭は別種と推定しておるのですが、ご意見をお聞かせください。
【撮影:2017年6月24日 長野県】
posted by kenken(管理人) at 22:22| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

なんやかんや − 最近のkenken −

 この季節、いろいろ行きたいところがあるのですが、週末ごとに台風が来るとどうしようもありませんな。このまま自動的にシーズン・オフになりそうな。

 先日、TV番組「クイズダービー」(古い番組なのでご存じかな?)などで活躍された篠沢教授がお亡くなりになりました。故人のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。今でもその珍解答シーンが鮮明に記憶に残っておりますのは、出題「ヒット曲『いちご白書をもう一度』で『就職が決まって髪を切ってきた時』主人公の男性は彼女にどう言い訳したで しょう?」に対して、解答「また生えるさ」でございました。学生さんにとっては就職活動はいつも初舞台・・・皆さん、悔いのない就職活動をなされますこと、あわせてお祈り申し上げます。

 さて、10月26日は、先代の愛猫「しおり」号の命日でございまして、妻な人と墓参りに出かけ、
171026_814.jpgshikiri105.jpg その後、夕食は少し贅沢してみましょうと、以前から気になっておりました、新職場近くの天ぷら屋さんを初訪問いたしました。ご夫婦でやっておられる感じで、こじんまりしたお店です。

171026_808.jpgshikiri105.jpg 付だしの「南瓜とうふイクラ添え」に続いて出てまいりましたのは、「秋鱧と松茸の土瓶蒸し」、これは最高に美味でございました。今年も松茸を食す機会に恵まれたぁ〜初物、嬉しゅうございます。

171026_813.jpgsikiri160.jpg171026_810.jpgshikiri105.jpg メインの天ぷらが続きます。写真は前半の天ぷらで、むかご、海老、人参、秋野菜などでございまして、この後、松茸、秋鱧が天ぷらで再登場し、2度美味しい思いをさせていただきました。〆めはミニ天丼で、妻な人も満足なご様子で何よりでございます。

 最後に、蝶の話題がないと寂しいので、宿題を1つ片付けておきましょう。
 6月24日付け記事のコメントのやりとりで書いておりました「MAX黒」個体の写真を遅ればせながら披露いたしますね。「MAX青(水色)」については、また別の機会に。
171026_0624_216.jpgshikiri105.jpg 長野県告示第278号「長野県希少動植物保護条例」で長野県全域で採集禁止となったアサマシジミ。撮影行中の私好みの「MAX黒」個体。縁毛びっしりが質素な青と黒の美しさを引き立ててくれます。
(撮影:2017年6月24日 長野県)
posted by kenken(管理人) at 09:28| Comment(3) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

ヒメヤママユ − 最近のkenken −

 異動で何かとバタバタしておりましたが、10月からの新職場にも馴染んでまいりました。蝶活動も日常復帰して10月14日〜15日の週末は、来シーズンの蝶撮影の撮影地整備、新ポイント探索などを兼ねて、福井〜岐阜の山中を1泊2日でうろついてまいりました。
 10月14日は意外とお天気良く終日活動できまして「うん、○○○○、撮ったも同然!」って、既にひと山あてた気分でございます。(笑) 翌10月15日は冷たい雨でしたが、こんな収穫がございました。

171015hmym0.jpgsikiri160.jpg171015hmym1.jpgshikiri105.jpg 雨を避けるように山小屋の軒下の地べたに大型の美しい蛾が静止しておりました。目線の高さに移動してもらってじっくり撮影です。右写真はピントが合っていないように見えるかもしれませんがそうではなく、翅を小刻みに震わせているので被写体ブレなんですわ。やがて体温が上がったのか見事に飛翔して林の中へと消えました。この蛾、ヒメヤママユっていうんですね。

171015hmym2.jpgshikiri105.jpg 羽化直で縁毛びっしり、何とも言えない「もふもふ感」があります。斑紋からお分りのとおり上とは別個体で、少なくとも6頭目撃でございます。狙いの蝶もこんな新鮮な個体が複数見れるといいんですがねぇ〜

sikiri160.jpg 小雨の寒い朝、この時点での気温は11度。写真の2頭はいずれも撮影しているとこんな感じ翅を小刻みに震わせて、やがて飛翔しました。これは、飛翔するために自ら体を震わせることにより体温を上げる行動ではないかと推測しております。と言うのも、クロヒカゲモドキでも同じような場面に度か遭遇しておりますので。

 最後に、新職場の日常についてもちょっと書いておきましょう。

171018_1208.jpgshikiri105.jpg 複数の食堂がありましてね、10月18日の昼食はこんなんでした。鶏きも煮、温泉玉子、卯の花、スライスオクラ、味噌汁、ご飯、フルーツヨーグルトで483円。お味もコストも納得でございます。
posted by kenken(管理人) at 22:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

シンモエダケはどこだ?

 10月11日に発生した宮崎・鹿児島県境の新燃岳(シンモエダケ)の噴火、現在も噴火警戒レベルは「レベル3(入山規制)」を継続のままですね。現地の皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、噴火がいち早くおさまりますよう祈念いたします。
 さて、最近ブログ更新をさぼり気味なので、この機会に2011年01月29日の記事を再掲しておきましょう。

--------以下、2011年01月29日の記事の再掲です--------

 さて、誠に不謹慎な話で恐縮ですが、最近のニュースを聞くまで「シンモエダケ」は、競走馬の名前と承知しておりまして、火山の名前とは存じておりませんでした。実は、子供心に焼き付いている1枚の写真とアナウンサーの実況がありましてね・・・

110129d1.jpgshikiri105.jpg これが、その1枚の写真です。昭和46(1971)年10月10日、デビュー戦から驚異的な強さで3連勝したシンモエダケが、4戦目に臨んだ重賞レース「デイリー杯3歳ステークス」の記事を掲載したデイリースポーツ誌の写真でございます。写真右上に「シンモエダケ」っておりますやろ。(4着でしたが・・・)「キノコみたいな不思議な名前の馬やなぁ〜」と深く記憶に刻み込まれておりました。
 その後、シンモエダケは、シンザン記念といった重賞レースも制し、12戦8勝という成績を従えて、昭和47(1972)年のGTレース「桜花賞」では大本命の1番人気になったのでした。しかしながら、桜花賞では、ゴール前直線で馬群に沈み、7着に終わりました。「シンモエダケはどこだ?」と叫んだ関西テレビの杉本アナウンサーの実況が今でも耳に残っております。

 話を火山のシンモエダケに戻します。以下、過去にシンモエダケの近くで撮影した蝶の写真を蔵出し掲載し、噴火による被害が最小限にとどまることを祈ります。

110129-0509-1.jpgshikiri105.jpg まさに、今回のシンモエダケの火山灰が降った地域で撮影した写真でございます。タイワンツバメシジミ♀、この後、茂みの中で開翅しよりまして、撮れませんでした・・・(撮影 2005年9月 宮崎県都城市)

110129-0509-2.jpgshikiri105.jpg110129-0509-3.jpgshikiri105.jpg こちらは、風向きが変わると火山灰が降りそうな地域で撮影した写真でございます。タイワンツバメシジミ♀、食草のシバハギを写し込んでみました。(撮影 2005年9月 鹿児島県)

 ところで、なんで↑あんな昔のスポーツ誌の切り抜きを持っとんねん?・・・って不思議に思われるでしょうが・・・

110129d2.jpgshikiri105.jpg110129d3.jpgshikiri105.jpg 実は、○○の形見の品として、上に掲載したスポーツ誌の切り抜きのほか、こんな競馬予想誌の切り抜きと重厚な賞状入れに入った1枚の賞状もあるのでございます。
 無印で、全く人気のない馬が、いきなり重賞レースで1着になった時の馬主の気分ってどんなんやろ・・・きっと、まさかおるとは思われん地域で蝶の初記録を出した時の蝶屋の気分に違いない・・・と確信しているのでございます。どうやら、管理人には、間違いなくギャンブラーの血が流れているような・・・
posted by kenken(管理人) at 00:24| Comment(6) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

Spring Valley Brewery Kyoto 〜異動な季節〜

 サラリーマンは〜♪ 気楽な稼業ときたもんだ♪ ってな歌がございますが、ある日、突然、お仕事や勤務地が変わるのも事実でございまして・・・10月1日からお仕事が勤務地も含め一新いたしました。
 勤務地は変わったとは言え京都市内ですが、お仕事は以前と正反対・・・そうですねぇ〜卓球に例えれば、レシーブ側からサーブ側に変わったと言うか・・・まあ、気楽にまいりましょう。

170926_502.jpgshikiri105.jpg 職場の同僚が「送別会」ならぬ「壮行会」を9月26日にセットしてくれました。会場に指定されたのはこちら、9月7日にオープンしたばかりのクラフトビールの醸造所を併設したお店。さすが、新しいもの好きの同僚でございます。

170926_520.jpgshikiri105.jpg 飲み物は何にしようかなぁ〜とメニューを見ながら迷っておりますと、良いのがありました。6種類のビールの飲み比べセットでございます。気になるビールを少量ずつ試し飲みできる訳です。

170926_525.jpgshikiri105.jpg170926_526.jpgshikiri105.jpg170926_527.jpg

170926_548.jpgshikiri105.jpg サラダ、肉類、カニ味噌風味グラタン、タコのピザなど、食べまくって飲みたおして1人約5,000円、納得のお味でございました。(割り勘でっせ)お誘いいただいた同僚も数献に及んではしゃいでおりました。こんな町屋な風情のお店でございます。

 さて、拙ブログ、蝶画像がないと締まらないので、2枚UPしておきましょう。

170826_38.jpgsikiri160.jpg170826_37.jpgsikiri160.jpg 上記の壮行会のちょうど1ヶ月前の8月26日、滋賀県のフィールドに出ておりました。多数のウラナミジャノメを確認しましたが、斑紋は安定しており異常型には遭遇せず、途中、吸蜜シーンをゲットいたしました。縦位置画像がしっくりくる構図でございます。
posted by kenken(管理人) at 21:37| Comment(8) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

健康チャレンジマラソン in 紀伊半島(2017年9月9日)

 この日の「健康チャレンジマラソン(1週間に2時間以上野外で蝶を追いかける)」のフィールドは紀伊半島、対象種はツマジロウラジャノメでございました。
 実は未だ本種の新鮮な♂の吸蜜シーンを撮影したことがなく、その機会をうかがっておりました。信州地方では撮影が容易なのかもしれませんが、本種をメインに信州地方を訪れることはなく、遭遇しても追わないんですよねぇ〜

170909_26.jpgsikiri160.jpg170909_27.jpgsikiri160.jpg この季節の紀伊半島、意外と豊富な吸蜜植物がありまして、白系の花をメインに吸蜜に訪れておりました。露岩地で滑空、吸蜜していて、たまに撮影射程内の花を訪れます。人の気配に敏感なのと逆光に難儀しながらもなんとか撮影したのがこれ。

170909_86.jpgsikiri160.jpg 本種は、種名の由来である「褄の白」を強調した写真を撮影したいものですが、♂は翅表の白が薄めなので翅裏の褄白メインの撮影になります。逆光に苦しめられておりましたが、ほんの一瞬、太陽が雲に隠れた瞬間にイタドリで吸蜜しているシーンを良い感じで見上げながら撮影できました。花と背景の崖の雰囲気がお気に入りの1枚でございます。

170909_89.jpgsikiri160.jpg 今回の撮影行の最大の収穫がこれ。足元の黄色い花に吸蜜に訪れました。(ちゃんと口吻伸ばしてますやろっ)花は「オトギリソウの仲間」と判明し、本種の吸蜜植物としては初記録じゃないかな。
 紀伊半島亜種の2化は、某カラスシジミさんとかぶらないので、本種をメインにじっくり追えるんですよね。

 1つ前の記事で、花の名、チョウの種名のコメントいただいた皆さま、誠に有り難うございます。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。また、思いっきり変化球を投げてしまい、大変申し訳ございません。(笑)
posted by kenken(管理人) at 19:49| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

花の名は?ご教示ください。(2017年9月9日)

 1つ前の記事で書いた「健康チャレンジマラソン」の目標「1週間に2時間以上野外で蝶を追いかける」の達成に向けて、この日、9月9日は4時間、フィールドでチョウを追いかけてまいりました。
 その時の記事を書き始めたのですが、花の名が判りません・・・

170909_90.jpgsikiri160.jpg 某チョウを追いかけていると、こんな黄色の花で吸蜜しました。このチョウの吸蜜植物としては初記録では?なんてワクワクしているのですが、如何せん花の名が判りません。(笑)ご存じの方、ご教示ください。蝶の食草ではない植物?には疎いんですよね・・・地面から花まで30cmくらいの丈でございました。

 某チョウの種名は?フィールドってどこよ?ってな声が聞こえてきそうですが、敢えて「近畿地方」とだけ書かせていただき、種名については次回以降の記事で書かせていただきますね。まずは純粋に植物の形態のみから花の名を知りたいのでございます。
 ところで、こういう花の名ってのはどうやって調べると判り易いのかなぁ〜図鑑を買って、ひたすら絵あわせするしかないのかしらん。
 あっ、「某チョウ」の種名予想もコメントいただけると幸いです。
posted by kenken(管理人) at 23:45| Comment(8) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

健康チャレンジマラソン(今シーズン4例目の異常型)(2017年9月3日)

 先日、「〇〇さんはまだ登録されておられませんが、ぜひ『健康チャレンジマラソン』に登録、参加してください!」とのメールが、勤務先の健康・安全センターのお偉いさんから直々に届きました。毎年の企画ではありますが、今年は重点的に取り組んでいるらしい・・・要は、9月〜11月の3ヶ月間、健康を増進するためのメニューを各自で決めて登録し、取り組もうというもので、例えば、「21:00以降は食べ物は食べない」とか「週に1日、休肝日を設ける」といったものでOKなんですわ。
 早速、登録サイトから「自分で決めて実施するコース」を選択し、メニューは「1週間に2時間以上野外で蝶を追いかける」と入力させていただきました。

 9月2日〜9月3日の週末は、何かと所用があって忙しかったのですが、登録した以上はやらねばなりません!(登録サイトから結果報告せなあかんし・・・)このメニューに従って、9月3日、2時間活動してまいりました。

170903_143255.jpgshikiri105.jpg 訪れたフィールドは京都府南部。ウラナミジャノメを追いかけてみたところ、2頭目に右前翅裏面がいわゆる「涙紋」になったプチ異常型♀に遭遇!まず撮影した「証拠写真」がこれでございます。

 その後、♂の追飛を受けたり、ヒメウラナミジャノメと混飛したりで、見失い〜再発見を繰り返しながら、きっちり2時間追いかけさせていただきました。

170903_143420.jpgsikiri160.jpg 背景がゴチャつかず、かつ、左翅裏全体を写し込めた「作品写真」がこれでございます。やはり左右対称で涙紋のプチ異常型になっております。この今年4例目の異常型(京都府)は、3例目(滋賀県)と同内容の異常型ですが、これらのフィールドで異常型に遭遇したのは今年が初めて、密かに嬉しゅうございます。

・・・というわけで、11月まで、毎週フィールドに出て2時間以上活動することになりました。(笑)
posted by kenken(管理人) at 20:23| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

京都インセクトフェア 〜 クロヒカゲモドキ

170827pt.jpgsikiri160.jpg170827if.jpgshikiri35.jpg 8月の最終日曜日は恒例の京都インセクトフェア。インセクトに関わるあらゆる物品(生き虫、標本、採集用具、標本箱、文献ほか)の即売会でございました。即売物品にはほとんど興味がないのですが、いろんな知り合いにお目にかかれるので、本年も参加してまいりました。写真のとおり、会場はそこそこ盛況(モザイク入れてます)で、フェアのポスターは、私好みのクロヒカゲモドキ(この個体はやや色彩異常型ですな)でございました。

 さて、クロヒカゲモドキに関しては、あえて出動記録を書いておりませんでしたので、この機会にまとめて紹介しておきましょう。本2017年は、7月1日〜7月22日の間、のべ5日、滋賀、京都、大阪の3府県に探索・撮影に出かけました。以下に今シーズン撮影した写真を紹介いたしましょう。

【静止シーン:上段左から♂♂♀♂、下段左から♂♂♀♀】
170827_krm01.jpgsikiri160.jpg170827_krm02.jpgsikiri160.jpg170827_krm03.jpgsikiri160.jpg170827_krm05.jpgshikiri105.jpg

170827_krm06.jpgsikiri160.jpg170827_krm09.jpgsikiri160.jpg170827_krm10.jpgsikiri160.jpg170827_krm12.jpgsikiri160.jpg

【吸汁・吸水・開翅シーン:左から♂♂♂♀】
170827_krm04.jpgsikiri160.jpg170827_krm07.jpgsikiri160.jpg170827_krm08.jpgsikiri160.jpg170827_krm11.jpgsikiri160.jpg

 写真は全て別個体ですので、今シーズンの撮影は8♂4♀でございました。
「よ〜もまぁ、飽きもせんと、同じ蝶ばかり探索・撮影しはりますなぁ〜」という声が聞こえてきそうですが、前にも書きましたとおり、私この蝶大好きで、本種の3つ目を見るとときめくんですわ。どれくらい好きかというと、本種の探索で車1台オシャカにするくらい好きです!と書いておきましょう。
posted by kenken(管理人) at 07:14| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

ホシチャの性別判定(ご教示ください)

 先日、「ん〜っと、♂♀の判別点はどこやったっけ?」と気にしながらホシチャ撮影をしていた旨の記事を書いておりましたが、

170716_54s.jpgshikiri105.jpg この水色の矢印の先の淡斑が♂の性標と考えて良いんですかな?この個体、テリ張りの雰囲気で、ごく僅かですが縁毛に欠けがあり、他個体よりは若干早めの発生のようでございました。

 さて、以下は、上の写真とは異なる個体の3枚の写真でございます。

170716_44.jpgsikiri160.jpg170716_048.jpgshikiri105.jpg この個体は、縁毛の欠けは全く見られず超新鮮で、金光りする翅裏の幾何学的紋様が何とも素敵でございました。ホシチャはこれくらい新鮮な個体を撮らないと、その美しさが表現できませんね。鮮度から♀かなと思って撮影し始めたのですが、

170716_45.jpgsikiri160.jpg 少し角度を変えて撮影したのがこの写真で、上で述べた翅表の淡斑が写り込んでおりまして、♂のようでございます。
 しかしながら、管理人は浅学で、どうもよく分かりません。この判定法であっているのかな・・・
 皆さん、いかがでしょうか?ホシチャの♂♀の確実で分かり易い判定法についてご教示いただければ幸いです。
posted by kenken(管理人) at 06:15| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする